news
news

NEWS

本事業で統括事務管理を担当する日本PFIインベストメント㈱の グループ企業である㈱さいたまラウンズのみなさまが消防学校を見学しました。    訓練の様子、施設内など普段入ることのできない消防学校に興味深々の様子でした。 参加者からは「うち

引渡しからちょうど1年目にあたる8月、 建設JVが1年目点検(瑕疵検査を含む自主検査)を行いました。       今後も品質確保のため施工JVによる自主検査(セルフモニタリング)を適宜行って参ります。

  みやぎ消防パートナーズでは美化環境維持活動の一環として、 学校周辺の草むしりを行いました。     みやぎ消防パートナーズの各企業は、既に県内で多くの美化・環境活動として 仙台まち美化サポーターとしてのごみ拾い活動、エココンテスト全

7月3日に第37回宮城県消防救助技術指導会が開催されました。       この指導会は宮城県内の救助隊員が一堂に会し、 日頃鍛え抜いた消防救助技術を披露するとともに、 互いの知識・技術を競い学ぶことを通じて、 模範となる隊員を育成する

利用者の皆さまのご意見を敏感に感じるための提案として、アンケートを実施しています。   食堂出入口にコルクボードを設置し、 日々のウマイ、まずいを気軽にゲーム感覚で投票していただく簡単なもの。   本日の結果はこちら! 写真通り、「

消防学校移転整備事業では食堂業務も業務の一つであり、 消防学校生の日々の食生活を支えております。     卒業式と入学式では食堂運営業務を担当しているグリーンハウスが お祝いの気持ちを込めて、特別メニューを提供しております。   今日

翌日の卒業式を前に、卒業生による記念植樹が行われました。 この記念樹はみやぎ消防パートナーズが学校に贈呈したものです。   みやぎ消防パートナーズでは20年間、毎年紅白のハナミズキを1本ずつ学校へ贈る予定です。 これからは卒業生に代わ

11月7日より、いよいよ共用が開始されました。         国旗や校旗が掲げられ学校らしくなってまいりました。 食堂前にある掲示版は建築工事を担当した『杜の都建設共同企業体』による寄贈品です。 多くの真の消防士達が、この


最新記事


© 2020 日本PFIインベストメント株式会社 All rights reserved.